2008年08月12日

千葉県

いつもセミは鳴いて茘の熟している時、茘城鎮は緑の広場に掛かってたくさんの国内外の友達を引きつけて、名を慕ってきてレイシの王を観賞します――正統の“掛かるのが緑です”。この時、私はよく母校のレイシの木を思い出して、学生が時代学校でレイシの情景を栽培することを思い出します。
茘城鎮で東へ約5キロメートル行って、景色が心地良い地方がひとつあって、それはレイシの山間の平地です。山上は1大きな塊の盛んなレイシの林があります:もち米ci、桂味、妃は笑います、暗い葉……最もいくらでもあるエンジュの枝。毎年の6、7月、丹霞の類の果実を結びだします。レイシの山間の平地の下で増城の職業の中等専門学校の学校で、前身は増城中学(高校)の分校です。
レイシの山間の平地のレイシの木、ほとんどすべて私達の75、761期の学生が管理を栽培したのです。20数年前、私はレイシの山間の平地で高校を読みます。その時のレイシの山間の平地の山上、雑草が生い茂って、1面荒れ果てて、学校は“農業は大寨に学べ”の呼びかけに応えるため、すべての学生に1株のレイシの木を栽培するように求めます。あの時私達は16、7の1歳の学生で、学校の年を取った農民の指導を管理するもとに、穴を鋤で田畑をすいて、掘って、苗木を植えて、施肥して、水をかけて、真剣にレイシを栽培します。新しく転倒するレイシの苗(さん)を保護するため、また竹の竿で支えて、禽獣に踏みつけさせないで、荒れ狂う風にかすめ取って倒させません。このようにして、私達の勤勉な労働を経て、レイシの木は急速に新芽ができて、新葉を出しました。レイシの木を見ていて毎日毎日成長して、私達の心の中はすべてとてもうれしいです。レイシの苗木が毎日毎日背が高くなる時、私達の高校は卒業して、ほどなく仕事に参加しました。しかし後で一期一期の同級生は管理しておりて、レイシの樹越は長くてもっと大きくて、そして実を結びます。春行って冬来て、まばたきをする間は20年余り向こうへ行って、母校のレイシの木、すでに天地を覆い隠すレイシの林になって、茘の城郊区の1本の美しい光景になった。
いつも茘の熟している時、このレイシの林を見て、私はこの忘れ難い昔の事を思い出します。あの時、“4人組”は横行して、ひとまとまり極左のあれを推進して、乱して教育して、生産労動で青少年の社会主義の苗かそれとも資本主義の苗の評価の基準かとして、学生を生産労動の第1線に推し進めていわゆる教育と運動を受け入れます。私達は一方で働いて、一方で学んで、高校の2年、1年県政府のある町で本を読んで、1年分校で(レイシの山間の平地)は本を読んで、読みますの農業の知識で、卒業のため後で農村まで(へ)農村へ行って基礎を作ります。そろった級は共に6つのクラスです、それぞれ水稲、落花生、サトウキビ、林業、獣医と小麦のクラスがあります。あの時働く態度は良いのでさえすれ(あれ)ば、卒業することができます。そのため、私達にこのように人のいたずらに度の青春に代わるように至って、学業が荒れ果てて、知識が乏しいです。今思い出して、感はでたらめで、更に思って残念に思います。
光陰矢の如し、光陰矢のごとし、何年向こうへ行って、しかし、レイシの山間の平地の中のあの生活、あの昔の事、一生の中で私の最も忘れ去りにくい追憶の1つになった。
とても幸運なのは、“4人組”を打倒した後に、私達の重さの拾の廃棄される青春、奮い起こして、骨身を惜しまず独学しますに頼って(寄りかかって)、知識が乏しい欠陥を補いました。今のところ、私達のあのいくつかの学友の中で、あり党と政府の部門で働いて、あり企業の部門で働いて、ある仕事人、あるもの教師になって、あるもの個人経営者をして、あるもの農民をして、しかしどんな仕事をするのであろうと、みんなはすべてすでに中年に歩み入って、部門あるいは企業、家庭にになるのに関わらず、すべて骨幹あるいは拠り所で、みんなはすべて世に知られずに働いて、社会主義現代化建設のために自分の力に貢献します。
1年のレイシの翻る香がある時、私達の当時の1人のクラスの学友はかつてレイシの山間の平地に帰ることを約束して、私達の自分の手で植えた果実を味わって、心の中は非常にうれしく思います。昔を思い起こして、私達はちょうど青春真っ盛りの頃です、追い払うことにここまで(へ)、ここで青春を廃棄したことがあって、汗に流して下きて、悲しみを残して、残念な思いを残しました;現在を見て、みんなはちょうど年が若くて精力が旺盛な時に、改革開放の春風を借りて、自分の努力を通して、規模が雄大で勢いのすさまじい業績をすることができますが、しかし何とか少し成果。私達の自分の手で植えだした成果を味わって、追って昔今なでて、みんなは感無量で、いつまでも泣きじゃくって、心の中はまたほっとすることと感じて、私達の20数年前払う辛酸が結局すでに大きな果実(成果)を結びだすためです。
私達の当時の何人かの親しい間柄、かつて携える員は女性をも連れてレイシの山間の平地まで(へ)風景を見にきて、味わい良い果実、経歴を言って、教育を与えて、青春真っ盛りの頃の子供達ですに私達のこのように代わった艱苦を述べて、その年私達の若い時ここで汗を撒き散らすと言って、風雨を闘って、困難・障害を乗り越えて開墾の牛のストーリをして、彼らを教育して今日の幸せな生活を大切にして、才能をマスターして、郷里を建設して、祖国を建設して、青春を現代化建設の事業に捧げます。ストーリを言い終わって、私達はまた特に彼らにとレイシの果樹の古い農学を請け負って畑仕事をするように手配して、彼らに自ら労働の艱苦を経験させます。最後にみんなはいっしょにレイシを味わって、彼らに享受させます前に人種の果実の後代の人の味わう楽しみ、果実の楽しみを味わうことを知っているのは先人の艱苦の中から来ることがで、労働の成果の道理を大切にすることにわかって、今日容易なことではないよい生活を大切にすることにわかります。
いつも私はレイシの山間の平地の土地の上で立って、着目することを眺める前にこれは1面青色で緑で円を描いて舞って、私と一緒に成長して、いっしょに働き盛りに入るレイシの木;いつもそれらが真っ赤な大きな果実(成果)を結びだすことを見ます;いつもいくつかの有名ではありません若者が私に対して言うことを耳にします:“おじさん、聞くところによるとこれらのレイシの木はあなた達の植えたことです!”の言葉;いつも自分の口で自ら植える果実を味わう時、私の心の中が1あらわすのがちくちくと心地良くて、心の中は蜂蜜を飲むように甘いことと感じて、しかも私達が今後の日間違いなくこのレイシの山間の平地の上のレイシの蜂蜜と果実ような甘さができることをかたく信じます。


金融
金融情報
金融ブログ
金融
京都時間
macbook
posted by 汐留 at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。