2008年08月12日

急成長するためには

目覚まし時計を買って、それによって時間どおりにあなたを呼び覚まします。とに寝て時間を守らないことをむさぼって、すべてあなたの仕事と事業の上の障害物になって、いかなる時すべて同様に。マスターするだけではないのが時間通りで、更に繰り上げることをマスターします。もしあなたは車に乗ってある所に行くならば、道中の景色はとても美しくて、あなたは下車してちょっと見ることを我慢できないで、それからあなたはやはりある所に駆けつけますが、定刻に到着するのではありません。“目覚まし時計”ただ1種の簡単な標識と注意、本当に柔軟で、実用的な時間、すべての人のの心の中で掌握します。

2. もしあなたは今の仕事を好きでないならば、あるいは辞職するのが乾かないで、あるいは口をつぐんで言いません。駆け出しで、よく望みは高いが能力が伴わないで、お高くとまって、大事はできないで、小さな事はしたくありません。あれこれと選り好みをする習慣を身につけないでください。雨天が要らないで煩わして傘をさして、傘を持たないでまた恐らく雨をかけて、至る所に不満な情緒を表します。しっかり覚えて、構わなくありませんて、してしっかりと行わなければなりません。

3. すべての人がすべて孤独なことがある時。辛抱をマスターするのは孤独で、このようにやっとできるのが熟していてきます。若い人はのんきに過ごして、暴れたり騒いだりして慣れて、1つのよく知らない環境に着いて、様々な人と事に直面して、急にどうしたらよいか分からないで始めて、時には1つの腹蔵なく話をすることができる地方さえありません。この時、くれぐれも上調子になってはいけなくて、心を静めてマスターして、辛抱をマスターするのは孤独です。孤独な中で考えて、思考の中で熟して、熟した中で昇華します。寂しさのため平方寸を乱さないでください、つまらなくて無益な事をして、むだに貴重な時間を浪費しました。

4.運が良い時運が悪い準備をしっかりと行います。ある日、1匹のキツネは1つのブドウ園の外に歩いてついて、中のみずみずしい魂のブドウが喉から手が出るほどほしいことが見えます。外にしかしさえぎっている柵があって、中へ入っていくことができません。そこでそれは心を鬼にして3日絶食して、ダイエットした後に、ついにブドウ園内に潜り込んで1食たらふく食べます。それがすっかり満足してブドウ園を離れたいです時、自分が食べるのがあまりにいっぱいなことに気がついて、どうしても柵をあけることができません。いかなる人がすべてこのようなキツネをしたくないことを信じます。退路は同様に重要です。十分に携帯用食品を持って、晴れ雨傘を持って、点滴の蓄積、時機が熟すれば事は自然に成就します。あるものは今日一文の値打ちもないようで、しかしいつかは一躍有名になるかも知れません。

5. ガラスのようにもろくて弱くならないでください。ある人の目はいつも自分を注視して、だから高く成長できないで遠くないことを見ます;いつもただ他人のせいにすることが好きで、同じく他の人にこの上なく嫌がらせます。苦しみの中に苦しみがなくて、どこに来るのが甘い中に甘いですか?ガラスのようにもろくて弱くならないでください、水晶のように透明になるべきで、太陽は同様に光り輝いて、ロウバイは同様に強靱です。目を開き始めて風に当たるさわやかさを享受して、風の中で小さい砂粒に愚痴(恨み言)を言わないでください。

6.自分の口を制御できます。自分を議論しないでください、更に他の人を取りざたしないでください。自分の尊大な偽りを議論してよく、名実相伴わない中で自分を失います。他の人を取りざたしてよく陥って鶏の羽や大蒜の皮の是非の言葉の中でもつれます。毎日仕事がひけた後にあなたのあれらの同じ職場にいる友達と酒を飲んでチャットしてよい事のではなくて、なぜかというと、この中間はよく同僚、友達を取りざたすることを話題にすることができ(ありえ)ます。陰で人を取りざたするのがいつもよくなくて、特に他の人の欠点を取りざたして、これらはあなたの人格を下げることができ(ありえ)ます。

7. 機会は“失います”ができ(ありえ)ないで、あなたは失って、他の人に得ることができ(ありえ)るようにおのずとあります。万事が要らないで日にになって、棚から牡丹餅、更に“機会”に望みを託さないでください。機会は十分にまた機会を創造することに優れる人を用意することに比べてただ言うだけです。…かも知れない、あなたが1つの機会を失うために悔やんで、愚痴(恨み言)を言っている時、機会はあなたの面と向かうその同様な“運が悪く鬼”にあげ捉えられていました。機会がなくて、機会を創造しなければならなくて、機会があって、巧みに捉えなければなりません。

8.もし電話はいつも鳴りませんならば、あなたは打つべきです。多くの時、電話会議はあなたに予想もできない収穫を持ってきて、それは花瓶ではありませんて、1種の装飾品だけになります。新しい友達に交際して、古くからの友人を忘れてはいけなくて、友達の多くなった道は行きやすいです。交際の一大の秘訣は主導的な立場です。良い人づきあいの良い言い伝え、よくあなたの事業更に前の石段を助けます。

9.くれぐれも自分ですでに結婚する年齢まで(へ)ためいい加減に結婚しないでください。ひとつがあなたと心と心が通じ合うことができて、互いに互いに携える伴侶を補佐することを探さなければなりませんと結婚したいです。ゲームを気ままにするとのため恋愛しないでください、恋愛するのため仕事と事業に影響しないでください、失敗する婚姻は1ついい加減ですのため更に人生に妨げられないでください。感情的になってよく小事のために大事をしくじります。

10. あなたの一生する事を書き出して、単子を革製の銭入れの中で置いて、いつも出して見ます。人生は目標があって、計画に基づいて、指摘があって、緊迫感があります。一つ又一つの小さい目標は刺し連ねて、あなたの一生の大きい目標になった。生活は豊かになって、環境は改善して、革製の銭入れを忘れた中にあれは薄い単子に見たところ似ないでください。

補充:

1:絶対にいかなる能力の議論する幻想を放棄して、この時代人と人の間の相違はますます小さくなって、仕事は何もないのは他の人がすることができないので、就業して構えを下に置かなければなりません

2:チャンスをとらえて、チャンスは仕事の中で最も重要で、よく始まってその価値を体現していることができて、いかなるひとつの普通の仕事はすべてチャンスに潜むかもしれなくて、仕事を蔑視しないでください

3の唯一信じることができるなこと、関係、人脈、あなたの人にひと言で言うとあなたに少なく10数年奮闘するように助けることができるように助けるかも知れなくて、同時に自分の人脈を丸め込みます

多くの人が自分の月給あるいは能力を誇示する時通常すべて自分で仕事を探す時陰で何人を見落として彼あるいは彼女を助けています.

もし独占性業界に行くことができるならば、水道と電気の石油の天然ガスの電気通信のようです業界を待って、くれぐれも第一線に配置されるのため自信を失わないでください、第一線はただもったいぶるだけ、いかなる会社の指導(者)は1つの月給の高い人に同様に月給の同時にもしあなたはもっと前に一日この領域に入るならば、あなたは更に多くのかもしれなくチャンスを獲得します.高学暦=楽な仕事の見方に対して変えなければならなくて、就業の人数がいくらを呈して増加を数えるのなためです.来年のこの持ち場は今年の競争より更に激烈になることができ(ありえ)るかも知れません.

たとえ業界を独占するのが同様だとしても持ち場を大切にして、もっと前に一日入って、多い1部の経験


大学院を受けるのはすでに下選んだので、今の博士候補生の1教室、大学院生の1回廊、本科生の1運動場、本当にもしその他の道がないのだならば、あれはあなたは大学院を受けるようにしましょう


今の社会、第1関係します チャンスの第2 能力の第3 学歴の第4


履歴書
履歴書ダウンロード
職務経歴書ダウンロード
履歴書
posted by 汐留 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉祥寺という土地

従化温泉は私の働いたことがある10数年の地方です。仕事の異動のため、私はすでに10年増城故郷に帰って、しかしいつも春節、私はいずれも従化温泉に帰ります。温泉に着きますと、会憶について程思遠先生が起きて温泉の日にになります。
あれは1981年の冬にで、とても寒い1の遅い天気があって、私は水道と電気のクラスで当番に当たって、従業員の電話を受け取って松園の2番のビルまで(へ)電器の設備を修理します。私は部屋に来て、1人の太った女性は1組の眼鏡をかけて、親切に私に対して言います:“同志、ご苦労さまです。”私が電灯をよく修理して離れたいです時、部屋の中である人は出てきて私に呼びます:“小さい同志、ご苦労さまです、お掛け下さい。”私は心の中で考えて、彼はきっと程思遠先生です。彼は親切に何歳私に今年を聞いて、どれに住んで、数年の本を読みましたか?仕事の習慣ですか?ふだんすべて何を学びますか?そして私の努力の仕事を励まします。出発間際になる時、程さんは私に1冊の彼の書いた本《李宗仁先生の晩年》をプレゼントします。
程思遠は広西賓陽県人で、イタリアのローマ大学の政治学博士、李宗仁の秘書を以前に務めた。1937年に抗日戦争が爆発した後に、応募して帰国して、軍事委員会で副参謀総長(白い崇の吉祥)の事務室は機密の秘書を担当して、抗日戦争のために戦功を立てます。1949年、国民党の中央の常務委員会の副事務総長を担当します。
程さんは李宗仁の帰国のために大量の仕事をして、かつて5回の秘密の上で北京と周恩来総理は顔を合わせて、最後に1965年7月27日に李宗仁と一緒に順調に祖国の胸に帰って、身を寄せる海外の16年の生活に別れを告げました。彼が機関室を出て行く時に、空港の上に熱烈な歓迎の場面を見て、思わず感激の涙が目にあふれます。程さんは毛主席が彼の時の情景に接見することを思い出して、毛主席は彼に聞きます:“あなたの名前はどうして程思遠を叫びますか?”彼は答えます: “自分の前途についていつも思うのが少し遠いべきなため、やっと帰って来ますと毛主席、共産党。”毛主席は満足して笑いました。また道を尋ねます:“あなたは別の名前がありますか?”“ありません”。程さんは言います。“あれは良くて、”主席はすぐ言って、“私は来てあなたに名前を取ります。中国に古代近かったことを叫ぶ1人の大きい散文家があって、遠近の近さ、古めかしい言葉のの。の者、共産党。近くての、今後しかる後中国共産党が間近で、あなたはどのようですかを見ますか?”程思遠はすぐに感謝の意を表わして、言います:“これは主席が私に最大の誉れをあげるのです。”
程思遠は1986年に全国人民代表大会の常務の委員、全国人民代表大会の外事委員会の副主任を担当して、1988年に中国人民政治協商会議の第7期の全国委員会の副主席を担当して、1993年に第8期の全国人民代表大会常務委員会の副委員長などの職務を担当しました。
程さんの著作は《蒋李の関係と中国》、《李宗仁先生の晩年》、《白い崇の吉祥が伝わります》などがあります。

アンチエイジング
アンチエイジングリンク集
SEO
仕事
派遣
システムエンジニア
posted by 汐留 at 17:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。